教育ローンとはどんなもの?そもそも誰でも借りられるものなのか?

学生本人が教育ローンを借りることは基本的には無理です。

学費目的であても借金を背負うということですから借主は貸借契約の責任を取らなければいけません。

そのために借入をする人が成人であることや安定継続した収入があることが認められる必要があります。

更に現在勤めている職場を退職する予定がないことや家賃や光熱費などすべて自分の稼ぎで支払えていることも重要になります。

そのため、国の教育ローンよりも銀行などで扱っている教育ローンのほうが融資の可能性は高いと思います。

教育ローンが借りれないという人にはどのような事情があるのでしょうか。

色々な要因があると思います。

まず、働いていることが貸付要件としてありますので無職や年金受給者は借りれません。

正社員でなくても借りることはできますが、安定して継続した収入があることが必須となります。

非正規雇用の場合は最低でも2年以上の勤続年数が求められます。

また、年収も200万円以上は必要となりますので、それ以下ですと審査に通るのは困難と言えるでしょう。

教育ローンの返済方法を説明します。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から始まります。

利息については借りた日の翌日から発生しますが在学中は利息のみの返済が認められているローンもあります。

教育ローンの返済期間についてですが最長で20年まで借り入れ可能というものがあります。

しかし、返済期間が長期化すれば返済金額はどんどん大きくなりますので注意しなければいけません。

教育ローンと言っても借金に変わりないので事前に返済シミュレーションを行い、返済状況を逐次確認することをおすすめします。

教育ローンといえどもローン契約に変わりないので利用するには審査を通過する必要があります。

審査を受けるにあたって、いくつか用意しておくものがあり、本契約までに全て用意しておかねばなりません。

ネットで申し込んだ場合借入申込書は必要ありませんが源泉徴収票や確定申告書など、収入証明は必須となります。

その他、運転免許書やパスポートなどの本人確認書類や住宅ローン(家賃)などの支払いが確認できる通帳のコピーも必要となります。

何より一番肝心な書類は在学していることが確認できる書類や、合格通知や入学許可書ということになります。

教育ローンの金利を説明します。

教育ローンの金利は金融機関によって大分差があります。

低金利なところでは1%台からありますが、高いところでは10%近いものもあります。

銀行の教育ローンでしたら口座を作ることで金利が低い優遇金利を受けられることもあります。

金利の計算方法というのが、2種類あり変動金利と固定金利の2つの金利タイプがあります。

今は低金利の時代になっていますので固定金利の方がリスクがないと思われます。

ろうきん(労働金庫)とは会員が出資し会員へのサービスを目的とする非営利団体です。

銀行や信販会社などのように営利目的で運営されていませんので金利は2から3%台と低く設定されています。

限度額は1000万円から2000万円となっており返済期間は15から20年と長期にわたるのが特徴です。

ろうきんの会員以外の人でも借りることはできますがろうきん会員には優遇金利が適用されるなどといったメリットもあります。

地方のろうきんだと入学金や学費以外に子供への仕送りや下宿代に利用することも許可しています。

カードローン型と呼ばれる教育ローンについてご紹介します。

通常のカードローンと同じようにカードの限度額の範囲内なら自分の好きなときに借り入れや返済ができるローンになります。

通常のカードローンとどこが違うのかというと教育資金以外には借り入れたお金を使ってはいけないということです。

ノンバンクや消費者金融などに多い商品ですがこのタイプを提供している銀行もあるようです。

必要な金額が明確に出やすい初年度は一括借入れ型で詳細が読みづらい2年目以降はカードローン型という金融機関もあります。

教育ローンを知っていますか?教育ローンとは用途を教育関係の費用に限定したローンです。

申請者は学生の親であることが多く学費の入学金のためにローンを組む場合が多いようです。

義務教育以上の学費はもちろんのこと、私立の学校であっても利用対象となります。

融資する金融機関は銀行やノンバンクです。

事前に確認しておきたい点として、金融機関によっては保育園の費用や習い事には利用不可としているローンがあります。

埼玉りそなの教育ローンについてご説明します。

埼玉りそなの教育ローンは「りそな教育ローン」という名前で提供されています。

変動金利になっているので年に2回金利が更新されます。

2017年12月25日現在の店頭表示金利は2.20%ですが同行で住宅ローンを利用している人は1.80%まで割引金利が適用されます。

最大500万円まで借入可能で返済期間は最長14年です。

在学中は利息分のみの返済も可能で、すでに学費を払い込んだ後でも3ヶ月以内なら借入れ可能などのメリットもあります。

教育ローンを比較したい時はランキングサイトを利用すると効率的です。

わざわざ銀行へ出向いたりを回ったり電話で資料請求する必要もありません。

金利や借入可能額は表になっているので一目で比較ができます。

ランキングサイトには、来店の有無やローンのお勧めポイントなどが掲載されていることもあります。

ランキングサイトから直接銀行のHPへ飛べるようになっていることが多いのでとても便利です。

教育ローンの申し込み方を紹介します。

申し込み方法には郵便やインターネット申し込みなどがあります。

郵送の場合は先に電話などで申込書を請求してください。

その後書類が届き次第必要事項を記入し、返送してください。

インターネットの場合は事前診断コーナーがあるので数秒で借り入れ可能か診断することができます。

仮審査の申し込みもWebで行えますし年中無休で受付け可能な点も便利です。

一通り仮審査申し込み手続きが完遂したら受付けしましたというメールが届くはずですので必ず確認してください。

教育ローンという入学金などを有してくれるローンを提供している金融機関は銀行やノンバンクなど多数あります。

その中で最もおすすめなのは教育一般貸付という日本政策金融公庫が提供する国の教育ローンです。

最高融資額が350万円と少なめですが、年利は1.76%で固定金利となっています。

大学や高校に限らず専門学校や短大、各種学校などにも幅広く対応しています。

使い途も入学金や授業料だけでなく教材費はもちろんのこと定期代や賃貸住宅の支払いなど広範囲に認められています。

学校に通うためにアルバイトしているという人でも収入があれば教育ローンを申請することは可能です。

ただし、ローンが組める人には条件があって20歳以上の成人でないと融資を受けることはできません。

ローンを契約するにあたり、安定した収入が必須となっている金融機関も多いので勤続年数が短いと審査に通り辛くなるかもしれません。

返済能力もローンを組む上で重要なポイントになりますので最低でも200万円以上の収入が必要になります。

いずれにしても、学生本人が借主というのはあまり見ないので奨学金を申請した方が近道だと思います。

教育ローンによる融資の受け取り方の1つとして一括借入れ型があります。

要は住宅ローンのように一括でまとめて受け取ることができるタイプの融資です。

銀行が提供している教育ローンの大多数はこの一括タイプになります。

一括借入れ型の主な特徴としてローン契約成立と同時に返済金額が決定する事です。

返済計画が立てやすい一方、計画的に融資を使っていかないと、不足した時に新たにローンを組まなければいけないなんてことになってしまうかもしれません。

教育ローン審査甘い銀行の教育ローンであれば一般的に金利が低い商品が多いです。

ノンバンクのローンと比較すると融資金額も大いですしローンの返済期間も長めに設定されているので余裕を持って返済ができます。

この頃はネットバンクもだいぶ普及してきているのでWeb手続きだけで完結する銀行が多くなり利便性も向上しています。

銀行口座を所有していなくても申し込めるローンもありますが口座を持っていると優遇金利を受けられる銀行が一般的です。

また、住宅ローンの利用でも金利が割引になる銀行もあります。